押圧法

押圧法

ども、指圧MANです。

今回は指圧の基本手技である、押圧法と運動操作の中の「押圧法」を取り上げます。

押圧法が出来ている人ってそんなに多くないですけど、別に出来ても出来なくても、診断がちゃんと出来ていれば治療にはなるので、興味のない人は押圧法習得を頑張る必要はないのかなと思っています。

でも、個人的には指圧師なんだから、押圧法は出来て当然なところもあります(笑)

あと、指圧師って、めっちゃ治したい!って人と、めっちゃ気持ちよくさせたい!って人がいると思うんですけど、もしめっちゃ気持ちよくさせたいなら、押圧法はできた方がいいですね!

押圧法の触り方が出来るか出来ないかは、気持ちよくさせるってところでは本当に大切です。

あれ?やっぱ出来た方が良いのかな?笑

基本姿勢の大切さ

指圧をしている人なら、基本姿勢が大切だって教わったかな?

不安定だとどこかに掴まって安定したくなるように、押された時もそれは同じなんですよね。

だから、指圧師が安定した姿勢で押せていないと、患者さまが指圧師を無意識に支えていることになるので、非常に力(筋性防御)が入ります。

なので、基本指圧で前後左右から人に押してもらっても、全然動かないで、基底面で身体を支えていられるかどうか?を練習してみてください。

それだけで、重心が納まって、なんとなく軸が出来てきます。

基本姿勢で押された時にグラグラしちゃうのであれば、もっと足腰鍛えましょうね!

触れ方

基本的に、施術全般に言えることは、力を抜くことです。

力が入っていると、患者さまも反射的に力を入れてしまい、せっかく指圧しているのに、筋肉が硬くなり思うような効果が出ません。

また、このような時は、患者さま自身も無意識に防御反射を起こしているので、リラックス出来ていないってことなんです。

なので、腕を万歳したところから、一気に力を抜いて落とすって練習をして、肩から指先までを力を抜いて脱力する練習をしましょう。

ずっと練習していると、なんとなく腕から指先までの力が抜けてくると思います。

そしたら、腕の重さを筋肉を緊張させることなく上手くコントロールして、力が抜けたままで触れられるような練習をしましょう。

そのうち、皮膚一枚に触れる感覚、筋肉の膜に触れる感覚などが鋭敏になってきて、内臓の表面、血管や神経の走行に沿ってなどの感覚も出来てくると思います。

もちろん、解剖学的なイメージが出来ないとダメですけど、沢山練習してみてください。

指圧MANの勉強会では、この辺りの基本的なことをまずシェアしたいと思っています。

押し方

触れ方ができると、今度は抵抗に対して触れるか触れないかの感覚が出てくると思います。

あとは、把握動作を垂直圧を利用して、体重を乗せるのではなく、把握の力と、意識や自然な身体の重さを利用して圧を入れていきます。

これが文章や動画ではわかりにくいところなのです…

触れ方が出来ると、圧を軽く響かせたり、深く響かせたりと、様々に応用できます。

また、患者さまも反射を起こさないので、びっくりするくらい深くまで圧が入ります。

この辺りの事をお知りになりたい方は、是非勉強会にいらしてください。

習得にはちょっと時間がかかるかもしれませんが、一度できれば自転車に乗るようなもので、ずっと出来ますので安心してください。

 

色んな先生が色んな押し方のことを言っていますが、僕は指圧の業界だけでなく、武術とか他の療術や治療法にも勉強に行ったので、誰よりもわかりやすく、本質的なことをお伝え出来ると思っています。

もし何かわからないことがあれば、official LINEからご質問いただけたらと思います。

ちなみに、オステオパシーの本なんかを見ると、普通に押圧すると書いてあってびっくりします(笑)

オステオパシーはアメリカではドクターなので、そのエビデンスも半端ないですし、手技もたくさんあります。

前のブログでも書いたように、明治時代から日本に入ってきていますからね。

日本の療術のあの手技とかこの手技とかが、オステオパシーだってことが、わかったりわからなかったりするとかしないとか…

なんてことも知ることができるので、指圧師ならオステオパシーくらいはちろっと勉強してみるのもいいかと思います。

運動神経を使わない触診の仕方とかをある方に聞いたことがありますが、僕らの知らないことが山ほどあります。

 

と言うことで、簡単にではありますが、ご参考になればと思います。

 

“指圧MAN”のofficialLINEです!
お問い合わせや、勉強会情報などをお届けしておりますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

友だち追加

 

 

指圧MAN
Mail  info@shiatsuman.jp

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

指圧の素晴らしさを世界に発信するために活動してます! 指圧の心母心 押せば命の泉湧く!