指圧の補瀉

指圧の補瀉

ども、指圧MANです。

今回は指圧の補瀉について書いてみます。

解剖生理学的なマニアックなことって、最近じゃ色んなところで勉強出来るし、そういった情報発信をしている人も沢山いるけど、こういう情報はあんまりないのかな?と思ったのでシェアしちゃいますね。

みなさんそれぞれに、自分自身の信じる常識や治療法の中で一生懸命治療していると思うし、僕はそれは素晴らしいことだと思っています。

ただ、もし東洋医学にある様な「気」と言われるものや、補瀉という考え方に少しでも興味があるのでしたら、治療の幅を広げることが出来ると思うので、是非ご参考にしてみてください。

いや、そんなものはないと仰る方はそれで結構ですよ(笑)

補瀉という考え方

針灸などではよく使われているのかもしれませんが、指圧ではあまり重要視している人はいないのでは?と思っています。

簡単にいうと、気持ちがいいのは補法、痛いのは瀉法という理解で良いと思います。

気とかエネルギー的な考え方で言えば、エネルギーを補充する様なものが補法。

エネルギーを抜く様なものが瀉法です。

自律神経の働きや、痛みによって起こる身体の働きを考えると、あながちとんでも理論ではないですし、もし気とかエネルギーに対して肯定的な考え方の方がいれば、納得はしていただけますよね?

補瀉を虚実と考えても良いと思います。

例えば、虚している、つまり弱っている人に、強い刺激をすれば、逆に衰弱するのは目に見えていますよね?

そういう場合は、栄養を補給する様に、気持ちがいい指圧をすることで、身体の機能も活性化していきます。

逆に、実している、つまり、元気はあるけど、身体が凝り固まっている様な人には、エネルギーが停滞しているので、そういった方に優しい指圧をしても、それなりに効果はありますが、どちらかというと血流を流す様な指圧や、強い刺激で一旦硬結している組織を壊すなんて手技もありだと思います。

ここでね、指圧って押圧法って言う優しい手技だから、強圧なんてもってのほか!と言う方もいるかもしれませんが、解剖学的に見たら、未分化の神経や血管が出来て、酸欠したことによってブラジキニンなんかが出て痛みを出している様なケースでは、優しい手技で果たしてどこまで効率よく効果が出せるのか?は疑問ですよね?

つまり実しているので、この様な場合は瀉法(強圧)が必要なのかな〜?と言うのが個人的な意見です。

僕の経験でも、五十肩なんかでローテーターカフが拘縮しているのに、それを優しく指圧して取れたことがないのですが、逆にそういった箇所を一旦壊すといったら語弊がありますが、強圧やストレッチをかけて、循環を良くすることで、改善するケースはかなりありました。

と言っても、こう言ったケース以外では、僕もほとんど押圧法で治療してますよ(笑)

補瀉の手技

補法としては、指圧の基本手技の中にある押し方で、優しかったり気持ちがいい様な圧は全て補法です。

ですから、あまり押圧しすぎると、指圧の後に湯あたりの様にぼーっとしてしまったり、脱力してしまう方なんかもいらっしゃいますよね?

ちゃんと帰れるくらい程よく指圧しないと、逆にそれで調子が悪くなるなんてこともあるので注意です。

つまりエネルギーを必要以上に入れすぎるのも逆に良くないんですよね。

瀉法としては、基本強い圧の手技は瀉法と思っていいと思います。

衝圧法や、母指圧なんかでも強く押して素早く引く様な手技ですね。

あとは、意外かもしれませんが、脊柱なでおろしに見られる、基本指圧の手技にある「撫擦法」(ぶさつほう)と言うあまり知られていない手技も瀉法です。

さらに言うと、エネルギー的な面から考えると、眼球掌圧と三指吸引圧法なんかも瀉法です。

えぇ〜?と思うかもしれませんが、吸引すると言うことは、エネルギーを抜くと言うイメージで使うことで、そのまま気功的な手技になります。

眼球掌圧も手の甲側から、患者さまの悪いものが煙になって抜けるイメージで扱えば、瀉法となるので、やってみると意外と患者さまの感覚が違ってきますので、ご自身や仲間と試してみてください。

ちなみに、眼球掌圧は補瀉どちらもあって、補法で考えるときは、野口整体で言われる様な、愉気法(ゆきほう)と同じで、掌からエネルギーを集めて注ぐ様なイメージで行うと、眼球のみならず、全身の自然治癒力を活性化できるので、外傷の治りが早くなります。

本当かよ〜?と思う人はぜひ試してみてください。

ちなみに、眼球の運動は後頭下筋群と連動して、目を動かすと首の筋肉も動きます。

さらに、交感神経と関連もしているので、原因不明の首や肩こりには、眼球掌圧がとっても有効ですよ!

アシュネル反射で血圧下げるだけじゃなくて、こんだけ色んな使い道があると思うと上がるでしょ?(笑)

てな感じで、今回はちょっとエネルギー的な話に偏りましたが、こう言う話が信じられなくて嫌いな人もいるかもしれないけど、食わず嫌いしないでぜひ試してから否定してください(笑)

こういった話が好きな人にはたまらなかった内容かもしれませんが、またみなさんの参考になる様なお話を書いていきますのでお楽しみに〜!

詳しいやり方を知りたい方は、勉強会とかリクエストしていただければお伝えしに参りま〜す!

ではまた、僕の手の空く時間まで!(笑)

 

“指圧MAN”のLINEはじめました!
お問い合わせや、勉強会情報などをお届けしておりますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

友だち追加

 

 

指圧MAN
Mail  info@shiatsuman.jp

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

指圧の素晴らしさを世界に発信するために活動してます! 指圧の心母心 押せば命の泉湧く!